前歯が1本折れてしまい、インプラント治療した症例

治療前

治療後

50代女性です。右の前歯が折れてしまい、左右の歯はまだ削られておらずブリッジにするには歯質がもったいないため、患者はインプラント治療を希望されました。

インプラント治療は歯を削らずに治療できることが大きなメリットです。左の前歯もダイレクトボンディングという手法できれいに治しています。

インプラント治療のデメリットは,インプラント埋入の手術が必要であること,口腔内の歯周病を治療していないとインプラント周囲炎のリスクが高まることなどが挙げられます。

※インプラント治療は保険適応外。埋入1本230,000円

治療の期間は約6ヶ月でした。

抜歯即時埋入という技術を用いたインプラント治療です。通常歯を抜くのと、インプラントを埋入するのと、2回は手術が必要なのですが、この治療法では一回で済みます。(抜歯即時埋入は全てのケースで適用できるわけではありません。)

歯を抜いた穴を利用してインプラントを埋入し、すき間に骨補填材を充填します。

メール予約・相談
電話予約・相談
0467-50-0982