歯の神経を残す治療(歯髄保存療法)を行なった症例

治療前

治療後

20代女性です。虫歯が大きく以前であれば歯の神経を取らなければならなかったような歯でも、MTAセメントという特殊なセメントを用いることによって、神経を保存することが可能になりました。

虫歯の取り残しがなく、精密に処置できるよう当院では歯科用顕微鏡=マイクロスコープを用いております。

治療前に状態です。大きく虫歯になっています。

ラバーダム防湿を行い、術野に唾液やバイ菌が入ってこないようにして虫歯を取り除きます。神経まで虫歯は達していて、出血しているのがわかります。

止血し、その後にMTAセメントを充填します。

メール予約・相談
電話予約・相談
0467-50-0982