,

以前のセラミックを外し、きれいにやり替えた症例

30代女性です。以前に他院で治療した上の前歯の被せ物の精度が低く、それが原因でプラークがたまり歯ぐきが腫れてしまってました。すべてやり替えて歯もキレイになり、歯ぐきも健康になりました。
,

前歯の歯並びをセラミックで治した症例

20代女性。前から2番目の歯の並びが悪く、写真写りがイヤとのことでセラミック治療を希望されました。元々の虫歯の治療もあったので、前歯4本セラミックにしました。セラミックとはわからない自然感があり、かつ美しい歯並に改善しました。
,

上の奥歯にインプラント治療をした症例

70代女性です。上顎の奥歯は解剖学的に骨が薄く、患者さんから「他院でインプラントは出来ないと言われた」と相談されることが多いです。当院ではサイナスリフトという歯槽骨再生の手術が可能なため、もともとの骨が薄くてもほとんどの場合インプラントは可能です。
,

前歯が1本折れてしまい、インプラント治療した症例

50代女性です。右の前歯が折れてしまい、左右の歯はまだ削られておらずブリッジにするには歯質がもったいないため、患者はインプラント治療を希望されました。インプラント治療は歯を削らずに治療できることが大きなメリットです。左の前歯もダイレクトボンディングという手法できれいに治しています。
,

弱った歯ぐきを強くして、歯磨きしやすい環境を整えた症例

30代女性です。奥歯のブリッジの部分が、刺激に弱い歯ぐき(歯槽粘膜)になってしまっていたため、遊離歯肉移植術にて歯ぐきを強くして歯ブラシや歯間ブラシが当たっても痛くない状態に改善しました。歯ぐきのボリュームを増やすことで、食べ物がたまりにくく改善することもできました。
,

歯周組織再生療法にて骨を回復した症例 その2

30代女性。全体的に歯周病が進行していましたが、歯周組織再生療法によって多くの歯を保存することができました。
,

歯周組織再生療法にて骨を回復した症例

40代 男性。歯周病が進行し、骨が溶けて歯がグラグラになってしまったため歯周組織再生療法を行いました。 骨が回復し、歯の揺れは無くなりました。
,

歯磨き指導と歯石取り

歯磨きがあまり良くなく、黒い歯石があちこちに付いていました。 歯磨きの指導を行い、歯石もとって、健康なお口になりました。定期的なクリーニングが大切です。
,

前歯の虫歯治療

40代女性です。前歯4本に虫歯があった患者さんです。 コンポジットレジンという白い詰め物の材料で治療しました。